Novels Review:『せつなの夜に触れる花』


せつなの夜に触れる花 (角川ルビー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-11-30
崎谷 はるひ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by せつなの夜に触れる花 (角川ルビー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




せつなの夜に触れる花/ 作:崎谷はるひ ill:おおや和美
レーベル:角川ルビー文庫/出版社:角川出版
2010年12月1日 初版発行
お気に入り度:★★★★

【Review】


 『ブルーサウンド』シリーズですね~。西麻布編。

 やっぱこのシリーズ好きだわ~。今回はアラフォー・バーテン×小学校教諭の再会物ですね。崎谷先生もあとがきでおっしゃっていましたが、「振り返ればかなたの海」のもう少し押しの強い感じ。というか受くんはかなーり強引に押し切ってる感じがします。というかストーカーですね。箱入り息子のお花ちゃんストーカー。あれは攻に愛がないと通報されてますよ。攻様が確かに「わけありな大人」なのでなかなかほだされてくれない。私の知っている限りの再会物の傾向としては…

 再会→一度限りとMakeLove→冷たく突き放す(または逃げる)→事件が起きる→愛を確かめ合う→ハッピーエンド…。

 てな具合なんだけど、今回は違って、未遂はありますがフィジカルに関してはすごい慎重。ラスト部のみ。崎谷ファンとしてはお布団シーンが少なくて少し微妙…(笑)ではありますが、大人カプならではの落着きと恋をする臆病さを感じました。しかしなんでこんなに攻の江上は逃げるのか??それには過去に色々ありまして…なんで最後には納得はいくんだけど、そこまで過去シーンをみっちり作りこまなくても…、もう少し削ってお布団シーンを増やして…

なんて!思ってはいませんぞ!!決して!!!

 この過去描写があっての…ともちろんわかってはいますよ!(^^;
 でも今回のお布団シーンは全体からはほんの少しなんですがいきなりピンク度」高し!!!やってる事はまあ普通のお布団シーンなんですが、なんだかすごいしっとりでもない、ねっとりでもない…さすが作者、先生の表現が一番しっくり来るので使わせていただきますが、とても「淫靡」なんですよ。それがまたイイ感じ。ぜひ続編を~です。
 さてさて、余談ですが、この「アークティック・ブルー」。崎谷先生がオーナーになって実際に営業してくんないかな~。作中のカクテルやらお料理やらマジに美味しそうで困る~。お店もなんだかおしゃれだし絶対常連になるよ。自分で似た店を探すより作ってもらったほうが早い気がする。今度お願いファンレターでも出してみようかな…。
 ちなみに過去キャラとして山下、一葡(名前だけ)と和輝出てきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0